So-net無料ブログ作成
検索選択

「リバース」10話(最終回) ネタバレ結末 [リバース]

今回は6月16日に放送された
ドラマ「リバース」の
最終回のネタバレです。






・10話あらすじ、ネタバレ


広沢由樹は蕎麦アレルギーでした。

深瀬はその事を知らず、
蕎麦を原料としたハチミツを入れた
コーヒーを広沢に渡しました。


深瀬は自分が広沢を
殺してしまったと考えます。



スポンサーリンク









深瀬は部屋に引きこもり、
連絡が取れなくなった美穂子、
浅見、村井、谷原は心配します。


美穂子は深瀬の家を訪ねますが、
深瀬は出てきません。


するとその場に
谷原がやって来ました。


美穂子が谷原に謝罪すると、
谷原は美穂子を自宅に連れ帰りました。



浅見はサッカー部の相良に
広沢の事件について打ち明けます。



その後、
谷原の家に深瀬以外が集まり、
美穂子と話しました。




小笠原は大家に頼んで、
深瀬の家に入ります。

深瀬は飲めない酒を飲んで、
トイレで倒れていました。

小笠原は深瀬を看病します。



目を覚ました深瀬は
「広沢に生きていて欲しかった‥」
と小笠原に言います。


小笠原は深瀬を気遣いつつも、
事件は終わっていないと言います。

現場に落ちていたテントウ虫の
キーホルダーの持ち主の中に、
2人だけ逮捕歴がある人物がいたのです。



小笠原が帰ると、
今度は美穂子がやって来ました。

美穂子は広沢に関する事を書いた
ノートを深瀬に返します。

最後のページには
広沢由樹にとって深瀬君は
特別な友達だった。
と書かれています。



深瀬は信じようとしませんが、
美穂子は話を続けます。

美穂子
「私も変わりたい‥

もし変われたら
一緒にコーヒーを飲んで下さい。」


久しぶりに携帯を見た深瀬は、
谷原たちが自分の事を
心配している事を知ります。


深瀬達は定食屋に集まり、
蕎麦アレルギーの事を話します。

深瀬は自分を責めますが、
村井は同罪だと言います。


ここで4人は
広沢の両親に全てを
打ち明ける決意を固めました。


一方で小笠原は、
2人組の男を見つけ声をかけます。



そして週末、
深瀬達が羽田に向かおうとすると、
小笠原から電話がかかってきました。

小笠原は4人を引き留めます。



スポンサーリンク








小笠原は4人に真実を話し始めます。

10年前の事故現場付近では、
窃盗事件が多発していました。

犯人は逮捕されましたが、
余罪を1つ隠していたのです。


窃盗犯は3人組でしたが、
2人は管理事務所でバイトして、
別荘やホテルを荒らしていました。


事件の日、
もう1人の仲間が迎えに来る予定でしたが、
あの天気だったので来ませんでした。

そこで窃盗犯の2人は、
村井の車を盗んだのです。


一方でコーヒーを飲んだ広沢は
発作を起こして崖から転落したと思われます。


車を盗んだ窃盗犯ですが、
スリップ事故を起こして流血しました。

証拠を隠すために
車に火をつけて崖から落としたのです。



話を聞いた後、
4人は広沢の実家に向かいます。


深瀬
「コーヒーを淹れるのではなく、
引き止めるのがベストだった‥」

浅見
「俺の親父も教師だった。
顧問もやってて全然家にいなかった。

けど親父の葬式すごかった。
弔問客が会場に入りきらなくて‥

何がベストかは死んだ後にわかる。」

深瀬
「これからやろうとしている事は
本当にベストな選択なのかな‥
俺、間違えてばっかりだから‥」



深瀬達は2人に、
あの日の事を全て打ち明けます。

広沢の母・昌子は、
受け入れる事が出来ずに
深瀬達を罵って席を立ちます。


父の忠司は最後まで話を聞き、
「生きていた時の由樹の話を聞かせてくれ」
と深瀬達に言います。


忠司は深瀬達の話を聞き、
彼らを駅まで送ります。

忠司
「またおいで。」

深瀬
「次の命日にはまた来ます。」

忠司
「こだわらんでええけん。
由樹もあんたらに会えたら嬉しかろ。」


一方で昌子の元には
小笠原が最後の報告に現れます。



1週間後、
深瀬は仕事を探しています。

小笠原は記者をやめて、
やりたい事を探しています。

浅見の言葉が響いたのか、
相良が授業にやって来ます。


谷原の上司のパワハラが明るみになり、
社内で問題になっていました。

しかし谷原は、
自分にも非があると言いました。


村井は離婚して父の明正に
仕事を探していると告げました。



そんな中、
深瀬の就職先が決まります。


1ヶ月後、
深瀬は美穂子に会うために大阪に向かいます。

(美穂子が働くパン屋に成瀬[窪田正孝]登場)


深瀬
「会いに来た。
最初からやり直せないかな?
2人で一緒に変わっていけないかな?」

美穂子
「一緒にコーヒーを飲みに行きませんか?」

2人は並んで歩き始めました。







スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0