So-net無料ブログ作成
検索選択

「ひよっこ」第11週65話 あらすじ、ネタバレ [ひよっこ]

今回は6月16日に放送された
「ひよっこ」第65話のネタバレです。




・64話のおさらい

みね子は自分が
足を引っ張ていると落ち込みますが、
鈴子たちに励まされました。


夜の営業は無事に終わり、
みね子は働ける事に感謝しました。





スポンサーリンク









・65話あらすじ、ネタバレ


みね子が働き始めてから
数日が経ちました。

夜が遅いので、
朝が辛いみね子。


みね子の目覚ましがうるさいので、
住人の早苗が不機嫌です。


みね子は開店準備には慣れましたが、
ホールの仕事はまだまだです‥‥

みね子の自慢は、
お皿を1つも割ってない事でした。



そんなある日、
みね子は遂に皿を割ってしまい
激しく落ち込みます。


元気がないみね子を見た省吾は
みね子が自分を怖がっていると勘違いします。



すると省吾が、
全員を集めて自分の話を始めました。

省吾
「俺も気を付けているけど、
忙しくなると声が大きくなってしまう。

死んだ親父はとにかく優しくて、
誰が失敗してもニコニコしてた。

俺も大きな店で修行してた。
そこが結構ひどくてな。

上の人が下の人を殴ったり‥
凄かった。

そんな雰囲気で作った料理なんか
美味い物かって思ってた。

軍隊もそうだった。
殴られている奴がいた。
でも庇ったら俺が殴られる。」

鈴子
「初めて聞くね、そんな話。
軍隊の話はしないから。」

省吾
「でも1番悲しかったのは、
殴られた奴に後輩ができたら、
自分がやられたように殴る事だ。

見たくないと思った。

でも人間は、
やられっぱなしでは生きてられない。


戦争が終わって、
もう見なくていいんだって思って。
それが嬉しかった。

だからな、
気付かないうちに俺がみね子を
怖がらせていたら嫌だと思って‥」

みね子
「そんな事ないです。
考えさせてしまってごめんなさい。」


みね子は
同僚に恵まれたと実感するのでした。




「ひよっこ」64話のネタバレ



「ひよっこ」66話のネタバレ


「ひよっこ」はU-NEXTで
視聴する事ができます。

U-NEXT





スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0